メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

[PR]

 昭和の初め頃に設備されたものを継続販売していた。昭和30年3月10日発行。


     1872(明治5)年の鉄道開通とともに140年以上にわたって日本で使われてきた切符。1枚の小さな紙片には、発行された当時の世相や空気が凝縮されています。明治から現代まで「切符のメモリー」を写真で紹介します=随時更新

     <資料提供>食堂ほんだ(茨城県大洗町)。地元では「いつもの食堂」と呼ばれる人気店。主人が鉄道好きで知られ、店内にはさまざまな鉄道関連のものがあり、切符は数万枚を収集している。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

    2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

    3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

    4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

    5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです