メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 往復補充券。下車前途無効はないが、隣の駅だから不要とも。昭和62年3月17日発行。


     1872(明治5)年の鉄道開通とともに140年以上にわたって日本で使われてきた切符。1枚の小さな紙片には、発行された当時の世相や空気が凝縮されています。明治から現代まで「切符のメモリー」を写真で紹介します=随時更新

     <資料提供>食堂ほんだ(茨城県大洗町)。地元では「いつもの食堂」と呼ばれる人気店。主人が鉄道好きで知られ、店内にはさまざまな鉄道関連のものがあり、切符は数万枚を収集している。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
    2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
    3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
    4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
    5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです