「『俺たち偉いんだ病』にかかっていないか」石破氏、懸念 「党内野党」色強める

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の石破茂元幹事長
自民党の石破茂元幹事長

 自民党の石破茂元幹事長が安倍政権に批判的なトーンの発言を繰り返し、「党内野党」色を強めている。夏の参院選の結果次第で「ポスト安倍」の動きが活発化する可能性もあり、昨年9月の総裁選で善戦した存在感を維持する狙いだ。ただ、課題となっている党所属国会議員の支持拡大につながるかは微妙だ。

 「売り言葉に買い言葉で、揚げ句の果てに内閣法制局長官が口走る。みんながみんな『俺たち偉いんだ病』にかかっていないか」。石破氏は10日、大阪府吹田市での討論イベントに出席し、参院予算委員会で野党議員の質問をやゆした横畠裕介内閣法制局長官の発言を例に挙げ、政権全体の雰囲気に警鐘を鳴らした。「自衛官募集に協力しない自治体があるから改憲が必要だ」との安倍晋三首相の発言にも「論理が飛んでいる」と疑問を呈した。

 石破派中堅議員は「安倍政権がいつまでも盤石ではない。批判的な発言で存在感を示し続けることは重要だ」と狙いを解説する。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文912文字)

あわせて読みたい