「都構想の議論打ち止めを」自民擁立の小西元副知事が知事選出馬会見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府知事選への出馬を表明し、記者会見する小西禎一氏=大阪市北区で2019年3月11日午後5時14分、平川義之撮影
大阪府知事選への出馬を表明し、記者会見する小西禎一氏=大阪市北区で2019年3月11日午後5時14分、平川義之撮影

 4月7日投開票の大阪府知事・大阪市長のダブル選で、自民党が知事候補として擁立する元大阪府副知事の小西禎一(ただかず)氏(64)が11日、大阪市内で記者会見し、立候補すると正式に表明した。大阪維新の会代表の松井一郎知事と同政調会長の吉村洋文大阪市長が辞職し、入れ替わりで出馬して「民意を問う」とした大阪都構想について、小西氏は「ここで終わりにしなければならない」と述べ、反対姿勢を鮮明にした。

 自民は俳優の辰巳琢郎氏(60)に出馬要請し、最終調整に入っていたが、10日夜に固辞された。このため自民は、松井知事や維新前代表の橋下徹前知事の下で要職を務め、維新政治の問題点にも精通している小西氏の擁立を決めた。自民の推薦を受け無所属で出馬し、国政で連立を組む公明党を中心に他党にも連携を呼び掛け、反維新勢力の結集を目指す。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文793文字)

あわせて読みたい