メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メルカリCEO 対企業ビジネスに意欲 決済サービス「メルペイ」データを活用

インタビューに答えるメルカリの山田進太郎会長=東京都港区で2019年3月8日、根岸基弘撮影

 フリマアプリ運営・メルカリの山田進太郎会長兼最高経営責任者(CEO)は毎日新聞のインタビューに応じ、利用者データをメーカーなど他企業の商品開発などに活用する新事業を展開する方針を示した。データは個人が特定できないように加工して提供する。メルカリは2月に開始した決済サービスの「メルペイ」を「対企業ビジネスの第1弾」と位置付けており、フリマアプリに加えメルペイで集めた実店舗での決済情報も、データビジネスに活用する。【今村茜、岡大介】

 山田氏は、メルカリで販売される物品の流通量や売買成立額などのデータをメーカー側に提供することで、「…

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1305文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです