メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮、仮想通貨635億円窃取 制裁逃れに韓国関与も 国連の報告書

国連本部ビル=ニューヨークで2003年5月22日、会川晴之撮影

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に属する専門家パネルが今後公開する新たな報告書の内容が判明した。北朝鮮が2017年1月~18年9月の間、サイバー攻撃を用いて仮想通貨交換業者から少なくとも5億7100万ドル(約635億円)を窃取したと推計。この中に18年1月に起きた日本の仮想通貨交換業者「コインチェック」の巨額流出事件も含んでいる。

 同パネルは今月中旬に報告書を公開する予定。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  2. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです