メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「見守ってね」看護師の道 20歳になった親友へ 東日本大震災8年 

松原啓太さんの墓参りに訪れた田中彩絵美さん=岩手県大船渡市で2019年3月10日午後2時26分、渡部直樹撮影

 岩手県大船渡市の岩手医大看護学部2年、田中彩絵美(さえみ)さん(20)は10日、津波の犠牲になった大船渡北小6年、松原啓太さん(当時12歳)の墓参りをした。幼いころから双子のように過ごし、1月の成人式には遺影を持って出席した。松原さんの祖父、久池井(くちい)力さん(71)とは連絡をきっかけに交流を始め、お互いに新たな道を歩み出している。【藤井朋子】

 黄色のカスミソウとピンクのカーネーションを墓前に供えて、両手を合わせた。田中さんはこの日、大船渡市で松原さんが眠る墓に語りかけた。「春っぽいお花でしょ。遊びに来たよ。天国から見守っていてね」

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです