尾道駅新駅舎が開業 宿泊施設、飲食店新設 瀬戸内旅の起点に 広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2階建てとなったJR尾道駅の新駅舎=尾道市で2019年3月8日午前10時42分、渕脇直樹撮影
2階建てとなったJR尾道駅の新駅舎=尾道市で2019年3月8日午前10時42分、渕脇直樹撮影

 JR尾道駅(尾道市東御所町)の新駅舎が10日開業した。建て替え工事に伴う約2年間の仮駅舎営業を経て、この日を迎えた。新駅舎は2階建てで、床面積は先代の約2.5倍に。眺望デッキや宿泊施設、飲食、物販店が新設され、多くの市民が見学に訪れた。【渕脇直樹】

 式では、JR西日本の来島達夫社長が「瀬戸内全体の観光拠点として盛り上げていきたい」とあいさつし、くす玉を割って開業を祝った。尾道市出身で現在は千葉県松戸市に住む小西正人さん(7…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

あわせて読みたい

注目の特集