メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「美咲に会えた」 3.11の津波で犠牲の娘と同じ名のバラに姿重ね

亡き娘と同じ名前のバラ「美咲」の世話をする片山令子さん=福島県相馬市で、木下翔太郎撮影

 福島県相馬市の片山令子さん(51)は震災翌年、津波の犠牲になった長女(当時18歳)と同じ名前のバラ「美咲」を見つけた。あれから7年、庭に植えたバラは毎年夏になると美しい花を咲かせる。「美咲がそばにいてくれるように感じる」。バラの成長に娘の姿を重ね大切に育てている。【木下翔太郎】

 多くの種類のバラが植えられている自宅の庭の一角に「美咲」はある。令子さんはバラの枝をいとおしそうに眺めた。「花が咲くと花びらが何重にもなっていてきれいなんですよ。美咲が好きなピンクで可愛いんです」

 美咲さんは2人姉妹の長女。県立新地高校(新地町)を卒業し、春には仙台市の調理専門学校に通う予定だっ…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです