特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

「共に歩き続けたい」と講演 被爆者医療に携わった福島の医師

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「被災者を励まし続けたい」と話す斎藤さん=福島市で、関東晋慈撮影
「被災者を励まし続けたい」と話す斎藤さん=福島市で、関東晋慈撮影

 広島で被爆者医療に30年以上携わった福島市の内科医、斎藤紀(おさむ)さん(71)が、東京電力福島第1原発事故による放射線被ばくへの不安と向き合う住民のために講演活動を続けている。事故から8年が経過しても不安が消えない被災者がいる一方、各地で原発が再稼働している現状について「電力会社や国は事故に向き合っていない」と憤る。

 広島市内の総合病院で血液内科医として勤務し、被爆者を診察してきた。1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故後には原水爆禁止日本協議会(原水協)の活動の一環として現地調査もした。定年退職後の2009年から大学時代を過ごした福島市に戻り医療生協わたり病院に勤務。そして11年にあの日が訪れた。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文749文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集