メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木更津市議殺害 容疑者を送検 妻と離婚協議中 事前に凶器を準備

千葉県警木更津署から千葉地検に送検される石川祥一容疑者=木更津署で2019年3月11日午後0時半ごろ、加藤昌平撮影

 千葉県木更津市中央2のマンションで9日夜、住人の木更津市議、石川哲久(のりひさ)さん(71)が殺害された事件で、10日に殺人容疑で逮捕された娘婿の無職、石川祥一容疑者(44)=自称・岡山市東区城東台=が事前に凶器を準備したという趣旨の供述をしていることが県警への取材で明らかになった。県警は2人の間にトラブルがあったとみて動機などについて調べている。

 逮捕容疑は9日午後7時20分~同8時50分ごろ、石川さん宅で、石川さんの頭を鈍器のようなもので殴り、胸や腕を刃物のようなもので複数回突き刺すなどして殺害したとしている。

千葉県木更津市の石川哲久市議が殺害されたマンションの出入り口付近を調べる捜査員=同市で10日午前0時ごろ、上遠野健一撮影

 県警によると、殺意は否認している。昨年5月には祥一容疑者の妻から家庭内のトラブルについて県警に相談があったという。現在は離婚に向けて協議中だった。

 複数の市議や県議らによると、祥一容疑者は大手住宅メーカーを経て、石川さんの紹介で一時は県選出の国会議員の秘書を務め、統一地方選の県議選や市議選への出馬を模索していた。石川さんも支援者たちに紹介していたため後継者と思われていたが、結局、4月の市議選には石川さんが出馬することになり、祥一容疑者は実家のある岡山に戻っていた。

 県警は11日午後、祥一容疑者を千葉地検に送検した。【信田真由美、加藤昌平、町野幸】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです