メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「高松のバンクシー」消される 何者かが白塗料で上書き

【左】サンポートスケートパークに描かれたバンクシーの作品に似た絵=高松市で2019年2月13日、村松洋撮影【右】白塗料で上塗りされ、消された絵=2019年3月11日、山口桂子撮影

 高松市サンポートの「サンポートスケートパーク」にあった正体不明の路上芸術家、バンクシーの作品に似た絵が白い塗料で上塗りされて消されていることが11日、分かった。施設を管理する市がバンクシーの作かどうか調査しているが、無断で公共施設に塗料を付けるのも落書きだとして、困惑している。

 市都市計画課によると、絵については2月6日に市民からメールで情報提供があった。白塗料による上塗りは、今月10日に報道機関から問い合わせがあり、発覚した。平面台とスロープの計2カ所に、傘を差してかばんを持つネズミのようなイラストが描かれていたが、いずれも白い塗料で上書きされていた。2月下旬にはイラストが確認されており、それ以降に消された可能性が高い。

 同課は「どういう形であっても公共物への落書きはやめてほしい」と話している。

 市は絵の真偽を確かめるため、認証機関や同様の絵が見つかっている東京都などに問い合わせて調査しているが、結論は出ていない。

【山口桂子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです