メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災の伝承 「誰が」「何を」「どのように」伝えるべきなのか

3.11伝承ロードのイメージ

 2020年度までの東日本大震災の「復興・創生期間」終了を前に、被災地では震災遺構や祈念公園など伝承施設のハード整備が急ピッチで進んでいる。国は昨年から各地の施設を統一した標章(ピクトグラム)でつなぐ「3・11伝承ロード」の構築を主導する一方、「誰が」「何を」「どのように」伝えるかといった伝承の中身は定まっていない。形式的な整備を急ぐ行政と、施設や伝承の在り方をきちんと検討したい住民の間であつれきも生じている。【本橋敦子、百武信幸、中尾卓英】

 震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市門脇(かどのわき)地区の集会所。震災遺構の旧門脇小を巡り、住民有志が行ったアンケートの中間結果報告が2月中旬にあり、有志の一人が意見を読み上げた。

 「40年暮らす門脇に門小(かどしょう)すらなくなったら、心のよりどころがなくなると思うようになった。全体を残してほしい」

この記事は有料記事です。

残り1856文字(全文2232文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです