メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災3県で鎮魂の祈り「何年たっても気持ちは変わらない」

 東日本大震災は11日、発生から8年を迎えた。各地で開かれた犠牲者を追悼する行事では、地震が起きた午後2時46分に合わせて鎮魂の祈りをささげた。死者1万5897人、行方不明者2533人、震災関連死も3700人を超え、いまだに約5万2000人が避難生活を続けている。【和田大典、百武信幸、湯浅聖一】

 ■岩手・山田

 「悔しい。何年たっても気持ちは変わらない」。岩手県山田町船越の小谷鳥地区の防波堤で午後2時50分ご…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです