難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2015年にCAEBVで亡くなった声優・松来未祐さん=81プロデュース提供
2015年にCAEBVで亡くなった声優・松来未祐さん=81プロデュース提供

 日本医療研究開発機構(AMED)は先月下旬から、難病「慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)」を紹介する動画を「ユーチューブ」の公式チャンネルで無料公開している。人気声優の松来未祐(まつき・みゆ)=本名・松木美愛子(みえこ)=さんが2015年10月、CAEBVによって38歳の若さで亡くなっており、松来さんと親交が深かった声優たちが動画の拡散に一役買っている。

 CAEBVは日本のほぼすべての人が保有しているともいわれる「EBウイルス」が免疫をつかさどるリンパ球内の細胞で増殖し、内臓や血管の炎症、悪性リンパ腫や白血病などを引き起こす病気。治療法の確立に向けた研究は進められているが、国内の年間診断例が30例ほどしかないまれな病気で、発症のメカニズムには解明されていない点が多い。

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文1014文字)

あわせて読みたい

注目の特集