メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災を卒論にした女性 14歳で亡くなった親友の父から「当たり前の日常を大切に」 

夕日に向かってジャンプする阿部未果さん(左)と佐々木和海さん。阿部さんがスマートフォンの待ち受け画面にしている=阿部さん提供

 東日本大震災から8年。東北福祉大4年の阿部未果さん(22)は11日、宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区で、津波の語り部、佐々木清和さん(52)とともに、震災で亡くなった佐々木さんの長女で親友の和海(かずみ)さん(当時14歳)の冥福を祈った。震災後、喪失感を抱えながら閖上から移住。卒業論文を書くために古里を訪れて佐々木さんに偶然出会った。「当たり前の日常を大切に」。佐々木さんの言葉を胸に刻み、この春、社会へ旅立つ。【早川夏穂】

 オレンジ色の夕日に向かって阿部さんと和海さんが楽しそうにジャンプする姿が写っている。11日、阿部さ…

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1315文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです