メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

機能美だけじゃない! 上質感もプラスした新型三菱デリカD:5の内外装をチェック

情報提供:カートップ

機能美だけじゃない! 上質感もプラスした新型三菱デリカD:5の内外装をチェック

プレステージ性を高め迫力を増したルックス

 あくまでマイナーチェンジゆえ、ボディサイズやプロポーションに大きな変更はない。ところがルックスは、全面改良を受けたと聞いても疑わないほどに大胆な変貌を遂げた。

 フロントでは三菱の新世代デザインを表す「ダイナミックシールド」を採用しつつ、縦型ヘッドライトを組み合わせて迫力がアップ。リヤコンビランプは従来型の面影を残すものの、S字型のテールライトを組み込むなど洗練性が高められている。

 新設定のアーバンギアには専用の外装パーツを装着。前後バンパーやドアガーニッシュがエアロタイプとなるほか、テールゲートガーニッシュがクリアタイプとなり、都会でも映えるルックスに仕立てられた。

デリカ

 ボディサイズは従来型と比べて10mm長く、5mm高くなったが、5.6mの最小回転半径は変わらない。最低地上高は従来型の210mmに対して185mmになったが、ロードクリアランスは十分なレベルにある。悪路走破性に寄与するアプローチ&ディパーチャーアングルも標準仕様で20度以上を確保。悪路も走れるミニバンというデリカD:5の美点は健在だ。

デリカ

 ヘッドランプは内側がハイビームで外側がロービーム。その下にウインカーとフォグランプを配置。最上部の薄型ポジションランプはグリルに連なるデザインを採用する。

デリカ

 S字型のテールランプには上部にウインカー、下部にブレーキランプを組み合わせる。リバースランプはその内側のテールゲートガーニッシュ内に組み込まれた。

デリカ

 ターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラーを全車に装着。Pグレードとアーバンギアはメッキカバーが装着される。

デリカ

 ドアミラーカバーと同様、アウタードアハンドルもPグレードとアーバンギアはメッキ仕上げ。ほかはボディ同色となる。

デリカ

 衝突被害軽減ブレーキシステムなど、最大6つの機能で構成される運転支援システム「e-Assist」は全車に標準装備。

デリカ

 テールゲートスポイラーはエンジンフードエンブレムとセットまたは単体で、ディーラーオプション設定される。

デリカ

 ホイールはD:5のMグレードを除く全車に切削光輝仕上げの18インチ(タイヤサイズは225/55R18)を装着。アーバンギアは専用デザインを採用。Mグレードのみ16インチ(タイヤサイズは215/70R16)を装着。タイヤは全車マッド&スノー仕様だ。

デリカ

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです