メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 石倉昇さん 文化教養としての魅力

石倉昇九段=最上聡撮影

 ■囲碁の世界へようこそ 石倉昇の囲碁入門 石倉昇(いしくら・のぼる)さん 日本棋院・1404円

 史上最年少の10歳0カ月で来月、プロ棋士となる小学4年生の仲邑菫(なかむらすみれ)さんの登場で、注目を集める囲碁界。これをきっかけに、囲碁に興味を持った人も多いことだろう。「以前から、入門書を著さないかと日本棋院から言われていたのですが、企図せず絶好のタイミングになりました」と笑う著者は、囲碁棋士九段。東大卒、銀行勤務を経てプロ入りした異色の経歴で、棋戦でも活躍する傍ら、テレビ出演や多数の著書の分かりやすい解説で、普及に尽力してきた。

 「今回の本は、大学で囲碁講座を13年続けてきた集大成です」と言う。東大教養学部で2005年10月に…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文913文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

  5. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです