メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

岩手・陸前高田、移ろう言葉 ツイッター1万8000件をまとめ出版 移住の芸術家が記録

今年2月に出版した「あわいゆくころ」を読むアーティストの瀬尾夏美さん=陸前高田市高田町館の沖1で2019年2月26日、神内亜実撮影

 東日本大震災直後から、岩手県陸前高田市の被災者の言葉に耳を傾けてきた芸術家がいる。東京都出身の瀬尾夏美さん(30)。東北沿岸でボランティアしたことをきっかけに移り住んだ。書きためたツイッター1万8000件をまとめ、2月に出版した。かさ上げによって消える昔の風景、日常会話から垣間見える「震災」。少しずつ変わっていく被災者の姿が見えてくる。【神内亜実】

 本のタイトルは「あわいゆくころ 陸前高田、震災後を生きる」(晶文社)。2018年3月までの7年間の…

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1102文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです