メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

岩手・陸前高田、移ろう言葉 ツイッター1万8000件をまとめ出版 移住の芸術家が記録

今年2月に出版した「あわいゆくころ」を読むアーティストの瀬尾夏美さん=陸前高田市高田町館の沖1で2019年2月26日、神内亜実撮影

 東日本大震災直後から、岩手県陸前高田市の被災者の言葉に耳を傾けてきた芸術家がいる。東京都出身の瀬尾夏美さん(30)。東北沿岸でボランティアしたことをきっかけに移り住んだ。書きためたツイッター1万8000件をまとめ、2月に出版した。かさ上げによって消える昔の風景、日常会話から垣間見える「震災」。少しずつ変わっていく被災者の姿が見えてくる。【神内亜実】

 本のタイトルは「あわいゆくころ 陸前高田、震災後を生きる」(晶文社)。2018年3月までの7年間の…

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1102文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです