メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画館

30年ぶり、名古屋・大須に銀幕 「映画の街 復活を」

 名古屋市の大須商店街に30年ぶりに映画館がオープンする。一帯は昭和初期、多くの劇場が軒を連ね、立ち見客が出るほどにぎわったが、1989年以降、常設の映画館はなかった。地元有志らが「映画の街・大須を復活させたい」と、3月末のこけら落としに向け準備を進める。

 喫茶店を改装した「大須シネマ」は約100平方メートルで、縦約2メートル、横約3・5メートルのスクリーンに42席を備える。午前は西部劇や昭和の名作邦画、日中は若者向けのアニメ、夜は仕事帰りに気軽に見られる短編映画と幅広く上映する予定。

 元衣料雑貨店経営の中川健次郎さん(78)など地元の有志らが約3年前から、商店街にある公設市場の空き…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 新型肺炎、緊急事態か協議 WHO委員会始まる

  4. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです