メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公立高校入試

枝幸中が内申点誤記載 厚沢部、稚内でも /北海道

 枝幸町教育委員会は11日、町立枝幸中(加賀誠校長)が公立高校入試の判定資料となる3年生8人の個人調査書について、転記ミスにより内申点を誤って低く記載し、受験先高校に提出したと発表した。報告を受けて道教委が同日、道内の全中学校に調査書の記載内容確認を指示したところ、厚沢部町立厚沢部中で2人、稚内市立稚内中でも1人の誤記載が判明した。いずれも調査書を出し直し、18日発表の合否判定に影響はない。

 枝幸町教委によると、生徒の個人調査書は、各教科の成績原簿の5段階の評定を成績一覧表に転記し、併せて受験先の高校に提出する調査書が作成される。枝幸中では1月28日に各教科担任が学年末評定をパソコンで入力したが、社会科は本来入力すべき学年末評定の数値ではなく隣の行の参考数値を誤ってコピーしていた。この日は教科担任が休みで、別の教諭が代わって作業をしたという。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. 東京の感染者、新たに34人 19日ぶり30人以上 新型コロナ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです