メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

教訓の伝承、本格化 いのちをつなぐ未来館23日開館 釜石 /岩手

 東日本大震災の教訓を伝えるため、釜石市が同市鵜住居地区防災センター跡地に整備した津波伝承施設「いのちをつなぐ未来館」(木造平屋建て、延べ335平方メートル)が23日、開館する。多くの来場者が見込まれる三陸防災復興プロジェクト(6月1日~8月7日)や、同市の鵜住居復興スタジアムも試合会場となる秋のラグビー・ワールドカップ日本大会を見据え、「仏を作って魂を入れる」営みが本格化する。【中尾卓英】

 市から運営委託されるまちづくり会社かまいしDMC主催の意見交換会が7日にあり、「大震災の語り部」(…

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1584文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです