メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県議会

自民、修正案提案へ 男女参画条例改正案巡り /茨城

 県が導入を目指している同性カップルらを公的に認める「パートナーシップ制度」に関連して県議会に提案している男女共同参画推進条例改正案について、最大会派のいばらき自民党は11日、同制度につながる部分を削除する修正案を提案することを決めた。自民は同制度導入には慎重で、大井川和彦知事と対立した形となる。

 自民が修正案を提案するのは、改正案で新たに加えられる第20条の一部。第20条では、LGBTなどの性的少数者らについて、「不当な差別的取り扱いの解消を…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです