メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

「記憶の継承」誓い /茨城

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の発生から8年となった11日、県内でも犠牲者の追悼行事や、行方不明者をしのぶ集まりなどがあった。参加者は懐かしい人の思い出を忘れず、大震災の記憶を継承していくことを誓った。

不明の水主、思い受け継ぐ 北茨城

 北茨城市関南町の市漁業歴史資料館「よう・そろー」では、常陸大津の御船祭保存会のメンバーが集まり、県内でただ一人行方不明となっている仲間の村山正一さん(当時62歳)に思いをはせながら黙とうした。

 御船祭は同市大津町にある佐波波地〓(さわわちぎ)神社の春季例大祭で行われる5年に1度の伝統行事。同…

この記事は有料記事です。

残り1317文字(全文1586文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです