メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日へ向かって

東日本大震災8年・埼玉/5止 「心の復興」支え続ける 震災支援ネットワーク埼玉・愛甲裕さん /埼玉

 東日本大震災の発生直後から、さいたま市を拠点に首都圏の避難者を支援してきた民間団体「震災支援ネットワーク埼玉」(代表・猪股正弁護士)。事務局長の愛甲裕さん(59)に、これまでの活動や今後求められる支援のあり方を聞いた。【大平明日香】

 --団体をつくった経緯は。

 2011年3月、震災によって、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)に多くの方々が避難してきました。私はこの年の1月に、IT系の会社を設立したばかり。会社にあるパソコンを担ぎ、アリーナの一角に、自由にインターネットが使える情報コーナーを作りました。すると、避難者の相談に乗りたいと弁護士や司法書士、臨床心理士などが自然と集まるようになり、連携して支援団体をつくることにしました。

この記事は有料記事です。

残り995文字(全文1316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです