メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

県内も防災、決意新た /滋賀

東日本大震災の犠牲者の慰霊法要で手を合わせる人々=大津市園城寺町の三井寺で、諸隈美紗稀撮影

 東日本大震災から8年となった11日、県内でも犠牲者を悼み、被災地の復興を願うイベントが各地で開かれた。全国各地で大きな災害が立て続けに起こり、もしもの時への備えが重要になる中、過ぎゆく歳月は東日本の記憶を薄れさせ、あの日の教訓を忘れがちにさせる。あの日を決して忘れてはいけない、次へと語り継がなければいけない--。被災地へと思いを重ね、防災・減災への決意を新たにする輪が、県内に広がった。

この記事は有料記事です。

残り3051文字(全文3246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 児童ポルノ容疑で元漫画家逮捕 匿名化通信「Tor」利用 京都府警

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 自公連立20年 「統一野党対自公」なら必ず勝つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです