メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「万葉古道」を尋ねて

交流・別れ・流浪/36 3都を巡った巨木/2 風雪耐えた、高樹齢の良材 /奈良

巨木の材は長持ちし古い文化財の補修に欠かせない。最古の人工林の一つとみられる川上村下多古の村有スギ・ヒノキ林は2013年、文化庁から「ふるさと文化財の森」に設定された=奈良県川上村で同年、栗栖健撮影

 万葉集には、他にも宮殿の材木を運ぶ民衆を描いた歌がある。

 宮材(みやぎ)引く 泉の杣(そま)に 立つ民(たみ)の 休む時なく 恋ひ渡るかも(巻十一 2645)

 「泉の杣」は、泉河(木津川)に沿った材木山(杣)か。上流から流した材木は山背・木津で陸揚げした。逆に近江の田上山で切り出した藤原宮のヒノキ材は、巨椋池を経由し、下流から木津まで引いてさかのぼっていた。歌は、山からの搬出作業のようだが、木津での陸揚げのようにもよめる。「立つ」は、立ち働く。

 どの「宮」かは不明だが、多くの民が休む間も無く働いているのだから、材木はかなりの量だ。歌は「藤原宮…

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです