メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
なるほドリ

阿波野青畝の生誕120周年なの? /奈良

高取で月1回俳句読解 生家の句碑など見学も

 なるほドリ 今年は俳人、阿波野青畝(あわのせいほ)の生誕120周年なの?

 記者 そうですね。阿波野青畝は1899年に高取町で生まれ、1992年に亡くなりました。旧畝傍中学校(現・県立畝傍高校)在学中から俳句を学び、昭和初期には「ホトトギスの四S」(山口誓子、高野素十、水原秋桜子と青畝)と呼ばれました。俳誌「かつらぎ」の主宰となり、洗礼を受けたキリスト教のカトリックに関係する句も多くあります。地元では、120周年記念の催しも企画されています。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文931文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

  4. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

  5. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです