メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

県内でも祈りと備え /和歌山

机の下に潜り、机の脚を握って身を守る1年生=和歌山県広川町の町立広小学校で、木原真希撮影

 東日本大震災から8年を迎えた11日、県内でも各地で追悼式や防災訓練が行われ、参加者は犠牲者に鎮魂の祈りをささげるとともに、災害に備える大切さを改めて胸に刻んだ。

命の守り方学ぶ 広川町立広小、南海トラフ避難訓練

 広川町立広小学校(児童数148人)では、南海トラフ巨大地震を想定した避難訓練が実施された。

 海岸から約600メートルに位置する同校では、南海トラフ地震で津波が発生すると、最短約30分で到達す…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです