メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

時を経て募る思い

行方不明の妻と3人の子どもに祈りをささげる久保田輔さん=岩手県山田町船越で2019年3月11日午後2時53分、和田大典撮影

 東日本大震災は11日、発生から8年を迎えた。各地で開かれた犠牲者を追悼する行事では、地震が起きた午後2時46分に合わせて鎮魂の祈りをささげた。死者1万5897人、行方不明者2533人、震災関連死も3700人を超え、いまだに約5万2000人が避難生活を続けている。【和田大典、百武信幸、湯浅聖一】

岩手・山田

 「悔しい。何年たっても気持ちは変わらない」。岩手県山田町船越の小谷鳥地区の防波堤で午後2時50分ごろ、福島県いわき市の会社員、久保田輔(たすく)さん(37)は1人、海に向かって手を合わせた。

 8年前、近くの自宅で妻(当時29歳)と長女(同3歳)、双子の次女と長男(同2歳)、妻の母(同60歳…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1072文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです