メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

時を経て募る思い

行方不明の妻と3人の子どもに祈りをささげる久保田輔さん=岩手県山田町船越で2019年3月11日午後2時53分、和田大典撮影

 東日本大震災は11日、発生から8年を迎えた。各地で開かれた犠牲者を追悼する行事では、地震が起きた午後2時46分に合わせて鎮魂の祈りをささげた。死者1万5897人、行方不明者2533人、震災関連死も3700人を超え、いまだに約5万2000人が避難生活を続けている。【和田大典、百武信幸、湯浅聖一】

岩手・山田

 「悔しい。何年たっても気持ちは変わらない」。岩手県山田町船越の小谷鳥地区の防波堤で午後2時50分ごろ、福島県いわき市の会社員、久保田輔(たすく)さん(37)は1人、海に向かって手を合わせた。

 8年前、近くの自宅で妻(当時29歳)と長女(同3歳)、双子の次女と長男(同2歳)、妻の母(同60歳…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1072文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです