仮想通貨

北朝鮮に635億円、サイバー攻撃受け流出 国連報告書

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に属する専門家パネルが今後公開する新たな報告書の内容が判明した。北朝鮮が2017年1月~18年9月の間、サイバー攻撃を用いて仮想通貨交換業者から少なくとも5億7100万ドル(約635億円)を窃取したと推計。この中に18年1月に起きた日本の仮想通貨交換業者「コインチェック」の巨額流出事件も含んでいる。

 同パネルは今月中旬に報告書を公開する予定。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集