メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金正男氏殺害

起訴取り下げ 元被告、事実上「無罪」

釈放され、弁護士(右)とともに喜ぶシティ・アイシャ氏=クアラルンプールのインドネシア大使館で2019年3月11日、ロイター

 【ジャカルタ武内彩、バンコク西脇真一】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が2017年2月にマレーシアで暗殺された事件で、殺人罪に問われた女2人のうちインドネシア人のシティ・アイシャ元被告(27)が11日に釈放された。同日、インドネシアに帰国した。検察が起訴を取り下げたことで、事実上の無罪となった。ベトナム人の被告に対する判断も近く示される見通し。指示役の男らは北朝鮮に逃亡しており、暗殺事件は真実が明らかにされない…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 慶大アメフット部を事実上の降格処分 関東学生連盟 部員の不適切行為で

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです