メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

20年度予算教書 壁建設、9500億円追加 政権が要求

 【ワシントン中井正裕】トランプ米政権は11日(日本時間12日未明)、2020会計年度(19年10月~20年9月)の予算教書を議会に提出する。米メディアによると、メキシコ国境の壁建設費として86億ドル(約9500億円)を要求する見通しで、議会が19年度に認めた予算を大幅に上回る。

 トランプ氏が公約に掲げている不法移民対策の強化をアピールする狙いだ。ただ、米国では議会が予算編成権を持つ。「壁」の予算を巡ってはこれまでも与野党が激しく対立し、政府機関が一時閉鎖…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです