メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

脅威の記憶、誰が伝える 迫る予算期限、施設整備急ぐ自治体 住民不在の遺構保存

岩手県釜石市にオープンする東日本大震災の伝承施設「いのちをつなぐ未来館」。被災した物品も展示する=2019年3月6日、喜屋武真之介撮影

 2020年度までの東日本大震災の「復興・創生期間」終了を前に、被災地では震災遺構や祈念公園など伝承施設のハード整備が急ピッチで進んでいる。国は昨年から各地の施設を統一した標章(ピクトグラム)でつなぐ「3・11伝承ロード」の構築を主導する一方、「誰が」「何を」「どのように」伝えるかといった伝承の中身は定まっていない。形式的な整備を急ぐ行政と、施設や伝承の在り方をきちんと検討したい住民の間であつれきも生じている。【本橋敦子、百武信幸、中尾卓英】

 震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市門脇(かどのわき)地区の集会所。震災遺構の旧門脇小を巡り、住民…

この記事は有料記事です。

残り1821文字(全文2094文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです