メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

復興庁後継、制度設計へ 与党内、内閣府移管求める声

復興庁後継組織の考え方

 東日本大震災から11日で8年を迎え、2021年3月末に廃止される復興庁の後継組織のあり方が今後の焦点となっている。政府は8日に閣議決定した復興の基本方針で後継組織を置くこと自体は明記したが、詳細な制度設計はこれからだ。与党内からは内閣府への移管や、新たに防災省の設置を求める声が上がる。【古川宗、野間口陽】

 「今後も被災者一人一人の状況に寄り添いながら、切れ目のない支援を行い、復興を加速していく」。首相は…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです