メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

トルコの選挙情勢を注視するEU=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 3月31日にトルコで統一地方選挙がある。政権保持16年のエルドアン大統領にとっても困難な政治情勢だ。与党公正発展党(AKP)への支持率は30%程度、最大の課題は経済事情の悪化だ。

 2月の消費者物価上昇率は対前年同月比で19・6%で、昨年8月のトルコリラの暴落以来初めて20%を下回る。しかし3月6日、トルコ中央銀行は政策金利を4会合連続で24%の水準でとどめ置き、中央銀行の中立性維持に懸命だ。

 景気刺激のため政策金利を引き下げるべきだ、と大統領が主張すれば通貨下落に直結という近過去のゆえに、…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです