メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

トルコの選挙情勢を注視するEU=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 3月31日にトルコで統一地方選挙がある。政権保持16年のエルドアン大統領にとっても困難な政治情勢だ。与党公正発展党(AKP)への支持率は30%程度、最大の課題は経済事情の悪化だ。

 2月の消費者物価上昇率は対前年同月比で19・6%で、昨年8月のトルコリラの暴落以来初めて20%を下回る。しかし3月6日、トルコ中央銀行は政策金利を4会合連続で24%の水準でとどめ置き、中央銀行の中立性維持に懸命だ。

 景気刺激のため政策金利を引き下げるべきだ、と大統領が主張すれば通貨下落に直結という近過去のゆえに、政権も金利決定批判を手控える。権威主義体制のもと、政策上のつじつま合わせは、個別物価への介入になった。急騰する食料品価格の凍結や引き上げが相次いだ電気やガスの料金に強制的な引き下げ策が導入された。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  2. 福岡市営地下鉄・赤坂駅で緊急停車 構内に煙立ちこめる 連休明け、通勤の足直撃

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです