シンポジウム

やさしい日本語学ぶ 東京・毎日ホールで開催

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
毎日ホールで開かれたシンポジウム「外国人受け入れと『やさしい日本語』」=2019年3月11日、山田茂雄撮影
毎日ホールで開かれたシンポジウム「外国人受け入れと『やさしい日本語』」=2019年3月11日、山田茂雄撮影

 日本人と外国人、外国人同士の共通言語としての日本語のあり方を考えるシンポジウム「外国人受け入れと『やさしい日本語』」(毎日新聞社主催、西日本新聞社特別協力、日本語教育情報プラットフォーム協力)が11日、東京都千代田区一ツ橋の毎日ホールで開かれた。

 4月の改正入管法施行で外国人労働者の受け入れ枠が大幅に拡大されるのを前に、山脇…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

あわせて読みたい

注目の特集