メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

W杯 高木美、ひるまぬ滑り 1500世界新

1500メートルで世界新記録を出した高木美帆=AP

 【ソルトレークシティー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)最終戦最終日は10日、米ソルトレークシティーで行われ、24歳の高木美帆(日体大助手)が女子1500メートルで従来の記録を1秒02更新する1分49秒83の世界新記録をマークした。W杯の個人種目通算10勝目で、うち8勝は1500メートル。

 男子500メートルは新浜立也(高崎健康福祉大)が連日の日本新記録となる33秒79でW杯3勝目。村上…

この記事は有料記事です。

残り2118文字(全文2320文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  4. 82歳暴行死「慕われていたお父ちゃんが…」憤る遺族
  5. 新皇后さまの横顔…動物、スポーツ好き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです