メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

織田作之助賞 文化の厚みを感じた20年 選考委を勇退、辻原登さん

織田作之助賞について語る作家の辻原登さん=大阪市中央区で、大西達也撮影

 第16回(1999年度)から20年にわたり選考委員を務めた辻原さんは今回を機に勇退する。長らく賞に関わってきた思いを聞いた。

 委員を請われたのは、受賞作を当時掲載するようになった文芸誌『文学界』(文芸春秋)の編集部からだった。作家として新しい文学の息吹に触れる喜びと、和歌山県出身で高校時代まで大阪で過ごしたこともあり、大阪や関西にはひときわ思い入れがあった。

 当初はいわゆるローカルな賞だったが今やいくつもの変遷を経て全国に誇る文学賞に成長した。その功績は何より、創設以来、賞の事務局(2017年度から毎日新聞大阪本社に移行)を担っていた「大阪文学振興会」の横井三保事務局長の尽力のおかげだ。

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  2. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  3. #最後の1年 「真紀さん」と挑むスピードスケート名門復活 駒大苫小牧主将

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです