メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

織田作之助賞 文化の厚みを感じた20年 選考委を勇退、辻原登さん

織田作之助賞について語る作家の辻原登さん=大阪市中央区で、大西達也撮影

 第16回(1999年度)から20年にわたり選考委員を務めた辻原さんは今回を機に勇退する。長らく賞に関わってきた思いを聞いた。

 委員を請われたのは、受賞作を当時掲載するようになった文芸誌『文学界』(文芸春秋)の編集部からだった。作家として新しい文学の息吹に触れる喜びと、和歌山県出身で高校時代まで大阪で過ごしたこともあり、大阪や関西にはひときわ思い入れがあった。

 当初はいわゆるローカルな賞だったが今やいくつもの変遷を経て全国に誇る文学賞に成長した。その功績は何…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS 平手友梨奈、欅坂46脱退を発表 織田奈那と鈴本美愉は卒業

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです