メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊救済、一時金300万円支給へ 与野党が最終調整

 旧優生保護法(1948~96年)下で行われた障害者らに対する不妊手術を巡り、与野党の関係議員は、被害者に支払う一時金について300万円とする最終調整に入った。同様の被害者救済で約300万円を支給したスウェーデンの事例を参考とした。14日にも公表する。与野党が4月初旬にも議員立法で救済法案を提出し、同月中の成立を目指す。

 救済法案は一時金の支給について、幅広く救済する観点から疾病治療など目的が明らかな手術を受けた人を除き、全ての人を対象としている。金額は調整を続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前回4強すべて初戦敗退 ヤマハ投手陣、日立製作所封じる 都市対抗野球

  2. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  3. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです