メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜、大河ドラマ効果に期待 「観光の命運、視聴率にかかっている」との声も

岐阜市役所=岐阜市で2019年2月27日、鮫島弘樹撮影

 岐阜市議会は11日、一般質問が始まった。新年度予算案に示された観光振興施策の柱として、2020年1月から放送予定の岐阜ゆかりの戦国武将・明智光秀を描いたNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」を重視する方針について、市議からは一過性に終わることのないよう求める声が上がった。

 市は予算案に「『麒麟がくる』を契機とした魅力の創出と発信」として(1)「大河ドラマ推進課」の設置(2)市歴史博物館に1億8600万円をかけ大河ドラマ館を設置し、放送開始と同時にオープン(3)同館総合展示室改修事業3…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです