メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

当世保険選び事情

今度こそ本腰 38歳経済記者、契約見直しに妻と取り組む

当世保険選び事情 38歳記者奮闘記

 生命保険は、マイホームに次ぎ、「人生で2番目に高い買い物」とも言われる。生命保険文化センターによると、生保の世帯加入率(2018年)は88.7%にのぼる。東京経済部に昨年10月配属され、保険担当として業界を取材する中で、ふと疑問に思った。そもそも我が家の保険は、必要十分なのだろうか。この際、意を決して保険の見直しに取り組むことにした。【後藤豪・38歳】

 私は毎日新聞社に入社した05年、国内生保の収入保障保険に加入した。月々の保険料は5595円で、58…

この記事は有料記事です。

残り1794文字(全文2022文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
  4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです