メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アルジェリア大統領、5期目の出馬断念 長期政権の腐敗に抗議デモ続く

ブーテフリカ大統領=AP

 【カイロ篠田航一】アルジェリアのブーテフリカ大統領(82)は11日、声明を発表し、4月18日に予定されていた大統領選に立候補しないことを明らかにした。ロイター通信などが伝えた。既に5期目を目指し出馬表明していたが、高い失業率や長期政権の腐敗に抗議し、出馬に反対する若者らのデモが2月から続いていた。ブーテフリカ氏は選挙の延期も発表したが、時期は未定。

 ブーテフリカ氏は定期健診で2月下旬に訪れたスイスから10日に帰国した。2013年に脳卒中で倒れて以降は車いす生活が続き、職務継続を疑問視する声も根強かった。11日の声明では「若者たちの思いを理解した。私に5期目はない」と述べ、さらに内閣改造方針も示した。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. 京都縦貫道沓掛IC付近で土砂崩れ 3台巻き込まれ、2人軽傷

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです