メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ 野党連合が「国家警戒態勢」宣言 長期停電、断水続く

ガソリンスタンドでは給油のため長い車の列ができていた=カラカスで2019年3月11日、山本太一撮影

 【カラカス山本太一】政情混乱が続く南米ベネズエラでは、過去最大規模の停電が続いている。5日目となる11日、暫定大統領就任を宣言した野党連合のグアイド国会議長率いる国会は臨時議会を開き、全国的な災害だとして「国家警戒態勢」を宣言した。国際社会に協力を求めることで、マドゥロ大統領の退陣を促す「外圧」を一層強める狙いがある。

 停電は7日、ベネズエラ最大の電力源である南部ボリバル州の水力発電所が停止し、ほぼ全域で停電した。発…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです