豊洲市場の粉じんから高濃度の重金属 タイヤ・路面がすり減り滞留か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
豊洲市場=東京都江東区で2018年10月、本社ヘリから宮本明登撮影
豊洲市場=東京都江東区で2018年10月、本社ヘリから宮本明登撮影

 豊洲市場(東京都江東区)で採取された粉じんから、有害な重金属が高濃度で検出されたことが、東京農工大の渡辺泉教授(環境資源学)の分析で判明した。小型運搬車のタイヤや路面がすり減り、建物内に滞留した可能性があるという。長期的に吸い込むと、肺炎などを起こすアンチモンの濃度も高かった。渡辺教授は「換気や床の洗浄を徹底すればリスクは抑えられる。都は早急に対策を取るべきだ」と話している。

 12日の都議会予算特別委員会の質疑で共産党がこの分析を取り上げた。都側は、法令に基づく市場内の空気調査や清掃状況を踏まえ「衛生環境は良好だ」と反論した。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文498文字)

あわせて読みたい

注目の特集