メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめの有無言及せず 生徒間トラブルは認める 群馬・高2自殺で中間報告

 群馬県立高校2年の女子生徒が2月にいじめを示唆する内容のメモを残し自殺した問題で、同校の校長らが12日、女子生徒の自宅を訪れ、両親に学校による調査の途中経過を報告した。生徒間でトラブルがあり、女子生徒が担任に相談していたことは認めたが、相談後の対応など詳細は「調査中」とした。

 校長の説明を受けた後、取材に応じた父親(63)は「全容が明らかにならず、いじめの有無にも言及しなかった」と憤り、県教育委員会の第三者委員会による早急な調査開始を望んだ。

 女子生徒は県立勢多農林高2年の伊藤有紀さん(17)。父親によると、校長らは中間報告と題したA4サイ…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文625文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです