メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きん枝さんが四代桂小文枝を襲名 「師匠に近付くよう精進」

四代桂小文枝さん(中央)の襲名披露公演の口上で舞台に並ぶ(左から)笑福亭仁智さん、桂春団治さん、桂文枝さん、(右から)月亭八方さん、三遊亭円楽さん、桂ざこばさん=大阪市中央区で2019年3月12日午後8時59分、木葉健二撮影

 落語家の桂きん枝さん(68)が12日、四代桂小文枝を襲名し、披露公演をなんばグランド花月(大阪市中央区)で開いた。師匠で「上方落語四天王」の一人、故五代目桂文枝さんが長きにわたり名乗っていた名跡で、師匠の命日に襲名した小文枝さんは「あと何年、小文枝でいられるかわからないが、師匠に一歩一歩近付くよう、これから精進してまいります」と述べた。

 小文枝さんは大阪市出身で、1969年入門。当時の人気番組「ヤングおー!おー!」(毎日放送)で一躍売…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文436文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです