メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

排泄行為を通じて人を見つめ、世界を幸せに! 「10分後にうんこが出ます」著者の中西敦士さん

トリプル・ダブリュー・ジャパンのオフィスで、「DFree」について話す中西敦士社長=2019年2月27日、竹之内満撮影

 排尿予測デバイス「DFree(ディー・フリー)」は、介護や障害で排泄(はいせつ)に課題のある人をはじめ、頻尿や尿漏れなどでトイレに不安を感じるアクティブシニアなどに大きな福音となる可能性がある。膀胱(ぼうこう)の膨らみを超音波で計測して、適切な排尿タイミングを通知する斬新なアイデアの商品は、今月から全国の家電量販店に販路を拡大する一方、フランスの欧州最大規模の介護施設でもトライアル(試用)が始まるなど、本格的な普及に向けて乗り出す。「10分後にうんこが出ます」著者で、トリプル・ダブリュー・ジャパンの中西敦士社長(35)にDFreeが目指すものを聞いた。【竹之内満/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り6326文字(全文6625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もっと受け入れろ」と苦情も コロナ患者受け入れホテルはいま

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです