AI

創作活動挑戦 ファッションショーで共作ドレス披露

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
デザインしたエマ理永さん(右)。モデルのドレスや中央の布は披露される作品の一部(モデルはBoozeの桃子さん)=東京都港区で、永山悦子撮影
デザインしたエマ理永さん(右)。モデルのドレスや中央の布は披露される作品の一部(モデルはBoozeの桃子さん)=東京都港区で、永山悦子撮影

 人工知能(AI)とデザイナーが一緒に作ったドレスが20日、国内最大のファッションイベント「ファッション・ウィーク東京」で発表される。人気ウエディングドレスデザイナー、エマ理永(りえ)さんの作品をAIが学習して“考案”した画像などをもとに、エマさんがデザインした。AIとファッションデザイナーという異色のタッグが「新たな美」の創造に挑む。

 国内トップレベルのAI研究者が集まる理化学研究所革新知能統合研究センターと東京大生産技術研究所が、「人間とAIの共生の可能性を探ろう」と協力した。

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文698文字)

あわせて読みたい

注目の特集