メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・日垣隆さん あいまいな「中心」に反発

日垣隆さん

 前回の東京五輪があった1964年、僕は6歳でした。家は長野市でしたが、神戸にいた伯父が開通したばかりの新大阪発の東海道新幹線の切符を手に入れてくれて、「東京に着いたらオリンピックにも行くか」と言われ、競技場まで見に行きました。

 観客が日の丸を振っていないなという印象がかなり長いこと残りました。大人になり調べてみると、確かに観客はほとんど日の丸を手にしていません。戦後19年で、まだそういうムードだったんです。92年のアルベールビル(フランス)冬季五輪で荻原健司選手が日の丸を手にゴールインしたのを見て「ああ、ここまで変わったか」と現地で驚いたのを覚えています。

 家がカトリックで子供の頃からラテン語などの教育を受け、休みの時は長野から横浜の修道院に通いました。…

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです